TAP ポルトガル航空

TAP ポルトガル航空は、ポルトガルで有数の航空会社であり、2005年よりスターアライアンスの加盟航空会社です。

1945年から運営しているTAP ポルトガル航空は、2015年に創業70周年を祝いました。そして現在、新しい民間株主のアトランティックゲートウェイグループとともに、2015年には民営化プロセスも完了しました。 リスボンにある同社のハブは、アフリカ、北米、中米、そしてブラジルに運航する国際的な一流航空会社としてTAPが傑出する南米の交差路にあり、ヨーロッパへの重要な玄関口です。 TAP ポルトガル航空のネットワークは、世界29カ国の76ヶ所の目的地から成ります。 TAP ポルトガル航空は、エアバス機63機の保有機材と、TAPと同じ機体デザインを使ったTAPの新しいリージョナルブランドプロダクトであるTAPエクスプレスが運航する17機の計80機の保有機材で、週平均にして約2,500便のフライトを運航しています。

民営化プロセスの成果として会社全体で現在実施されている幅広い再編成プログラムの中で、TAP ポルトガル航空はとりわけ、現在運航している保有機材の改装や、リージョナルネットワークでPGAに取って代わり、8機のATR 72と9機のEmbraer 190の新しい保有機材を運航する予定のTAPエクスプレスのローンチに加え、ネットワークの再編成や新しいブランド運賃のスタート、 エアバスの次世代型航空機であるワイドボディ機と単通路機を53機(A330- 900neo14機とA320neoファミリー39機)を段階的に導入する2017年時点の中距離と長距離保有機材のリニューアルプログラムを発表しました。 顧客を重視した方針を追求し、お客様の期待に応じた安全で信頼性が高く、改良されたプロダクトとサービスの提供に引き続き努めてまいります。 ポルトガルの気質とも言うべくTAPのブランド力や質の高いサービスを基本的概念として維持することは、TAPの戦略の主な推進力になっています。 TAPは幅広く認められており、国内外で受賞しています。

企業データ概要

Mar 2005 スターアライアンス加盟日

77 運航する空港数

Victoria マイレージプログラム

11.7 m 年間搭乗者数

Image Not Found

Fernando Pinto TAPポルトガル航空、CEO

Image Not Found

Full Facts & Figures

スターアライアンス加盟日 Mar 2005
運航する空港数 77
マイレージプログラム Victoria
年間搭乗者数 11.7 m
機材数 80
拠点空港 Lisbon
定期便運航国数 34
有償旅客キロ数 28.15 bn
総売上高(USドル) 2.45 BUSD
従業員数 7,300+
機材の種類 A319, A320, A321, A330-200, A340-300 plus the regional fleet composed of ATR72 and Embraer 190
最終更新日 May 2017