エチオピア航空

エチオピアのフラッグキャリアであるエチオピア航空は、大陸で有数の航空会社の一つとなり、効率性や優れた運営の面においてアフリカでは群を抜き、創業以来ほとんどの年で利益を上げています。

エチオピア航空は、1945年12月21日に設立されました。 先駆的なアフリカの航空会社の一社であったエチオピア航空はDC-3機やC-47機とともに運航を開始しました。 現在ではエチオピアの主要産業の一つや機関となり、近代的で環境にやさしい保有機材を運航しています。 また、大陸を東西横断する唯一のデイリー便を含むアフリカ全体のネットワークにおいて高いシェアを占めています。

エチオピア航空のネットワークは、ヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、中東、アジアまで及び、世界中の都市を結んでいます。 エチオピア航空は現在、「ビジョン 2025」と称する15年の戦略計画を実施しており、アフリカで有数の航空グループになることを目標に掲げています。 エチオピア航空は、2011年12月からスターアライアンスの加盟航空会社です。

企業データ概要

Dec 2011 スターアライアンス加盟日

113 運航する空港数

253 1日あたりの運航便数

82 機材数

Tewolde GebreMariam CEO, Ethiopian Airlines

Image Not Found
Tewolde GebreMariam has been the Chief Executive Officer of Ethiopian Airlines since January 2011. He began his career with Ethiopian in 1985 as Transportation Agent and has held a number of senior leadership positions in a number of divisions in the Airline including; Ethiopian Cargo, Area Offices and Marketing.
On July 1, 2006, he was appointed as Chief Operating Officer of Ethiopian to head all the operating divisions of the airline.
In July 2013, he became the first African Airline CEO to receive “The Airline Strategy Award for Regional Leadership”. The Award is given out annually by Airline Business Magazine, a publication of Flight Global, the world’s leading aviation media brand. The 2015 International Grand Prix special award in Milan has also graced him for his achievements in developing the Airline into the foremost aviation group in Africa.
He earned his B.A. Degree in Economics from the Addis Ababa University in Ethiopia and his Masters Degree in Business Administration from the Open University in the United Kingdom.

読む (in English)

Full Facts & Figures

スターアライアンス加盟日 Dec 2011
運航する空港数 113
1日あたりの運航便数 253
機材数 82
マイレージプログラム ShebaMiles
年間搭乗者数 7.6 m
定期便運航国数 61
拠点空港 Addis Ababa (main hub), Lomé (Togo),Lilongwe (Malawi), and Liège (Belgium- cargo hub)
有償旅客キロ数 27.2 bn
総売上高(USドル) 2.42 BUSD
従業員数 12,703
機材の種類 B787, B777-300ER, A350-900, B777-200LR, B777F, B757-200F, B767-300, B737-700, B737-800NG, Q400 NG
最終更新日 Nov 2016