エチオピア航空

エチオピアのフラッグキャリアであるエチオピア航空は、大陸で有数の航空会社の一つとなり、効率性や優れた運営の面においてアフリカでは群を抜き、創業以来ほとんどの年で利益を上げています。

エチオピア航空は、1945年12月21日に設立されました。 先駆的なアフリカの航空会社の一社であったエチオピア航空はDC-3機やC-47機とともに運航を開始しました。 現在ではエチオピアの主要産業の一つや機関となり、近代的で環境にやさしい保有機材を運航しています。 また、大陸を東西横断する唯一のデイリー便を含むアフリカ全体のネットワークにおいて高いシェアを占めています。

エチオピア航空のネットワークは、ヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、中東、アジアまで及び、世界中の都市を結んでいます。 エチオピア航空は現在、「ビジョン 2025」と称する15年の戦略計画を実施しており、アフリカで有数の航空グループになることを目標に掲げています。 エチオピア航空は、2011年12月からスターアライアンスの加盟航空会社です。

企業データ概要

Dec 2011 スターアライアンス加盟日

116 運航する空港数

274 1日あたりの運航便数

88 機材数

Image Not Found

Tewolde GebreMariam CEO, Ethiopian Airlines

Image Not Found

Full Facts & Figures

スターアライアンス加盟日 Dec 2011
運航する空港数 116
1日あたりの運航便数 274
機材数 88
マイレージプログラム ShebaMiles
年間搭乗者数 7.6 m
定期便運航国数 64
拠点空港 Addis Ababa (main hub), Lomé (Togo),Lilongwe (Malawi), and Liège (Belgium- cargo hub)
有償旅客キロ数 27.2 bn
総売上高(USドル) 2.53 BUSD
従業員数 13,484
機材の種類 B777-300ER, A350-900, B787, B777-200LR, B777F, B757-200F, B767-300, B737-700, B737-800NG, Q400NG
最終更新日 Nov 2016