ユナイテッド航空

ユナイテッド航空は、お客様に選ばれ、社員が働くことを希望し、投資家の皆様が投資を希望される航空会社になることを目指しています。スターアライアンスの創設メンバーであるユナイテッド航空はノンストップ便またはワンストップ便とともに、実質上米国のすべての場所からアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、中南米、アフリカ、そして中東へ、世界有数の国際的な玄関口を含む最も広範囲でグローバルな路線ネットワークを提供しております。 2013年、ユナイテッド航空は、業界をリードする路線網を引き続き拡大しており、2013年末までには、路線網に新たに追加される7都市を含み、国際線14路線と国内線19路線が新たに開設されます。

2012年、ユナイテッド航空は約200万便のフライトで、延べ1億4,000万人の旅客を輸送し、その輸送量は世界の航空会社の中で最大となりました。 ユナイテッド航空は、機内プロダクト改善へ多額の投資を行っており、ファーストクラスとビジネスクラスにおけるフラットベッドシート数と、エコノミークラスにおける足元の広いエクストラレッグルームシート数では北米航空会社の中でトップを誇ります。 2013年、ユナイテッド航空は、国際線を運航する米国拠点の航空会社の中で初めて、長距離国際路線における衛星ベースのWi-Fi サービスを開始しました。 また、200機を超える機材にDIRECTV® を搭載し、お客様にテレビ生放送のアクセスを提供する航空会社として世界トップを誇ります。

ユナイテッド航空はグローバルトラベラー誌の読者投票において、同社のMileagePlus(マイレージプラス)が9年連続で最優秀マイレージプログラムに選出されています。 2013 年5月にIdeaWorksCompany より発行のSwitchfly Reward Seat Availability Survey によると、ユナイテッド航空は国際線を運航する米航空会社の中でマイレージプログラムの特典旅行用の座席を最も提供している航空会社となっています。

ユナイテッド航空は、持続可能な未来を形作る対策を図ることで、環境に責任を持つ企業として民間航空をリードすることに専念しています。 2011年、ユナイテッド航空は米国初の航空会社として、再生可能な海藻類から抽出されたジェット燃料と従来的なジェット燃料の混合燃料を使ったバイオ燃料による旅客便を運航しました。 ユナイテッド航空は、排出ガスと騒音を5%まで減少させるウィングレットを装備した300機を上回る機材を主要路線で運航しており、737型機に新たなスプリット シミタール ウィングレットを装備した初の航空会社です。 また、地上サービス機材車両の24%以上が電気、または代替燃料を使用しています。

関連リンク
Find United on