TAP Portugal

TAP ポルトガル航空は、1945年から運営しているポルトガルで有数の航空会社です。2005年3月14日にスターアライアンスに加盟しました。ハブのリスボンは、TAP ポルトガル航空がブラジルへ運航する国際的に有数の航空会社として傑出するアフリカ大陸や北アメリカ大陸、南アメリカ大陸の交差路で主要となるヨーロッパのゲートウェイです。

TAP ポルトガル航空のネットワークは現在、世界34カ国、77カ所の目的地から成ります。 現在、55機のエアバス機と近代的な保有機と、PGA カラーによるさらに16機の計71機の航空機で、平均して週2,250 便を超えるフライトを運航しています。

顧客重視方針を追求し、お客様のご期待に応じた安全で信頼性の高く、改良されたプロダクトやサービス提供に引き続き努めています。

基本的なコンセプトとして、TAP ポルトガル航空のブランドや質の高いサービスのポルトガルの特徴を維持することは、最近ではTAP ポルトガル航空の戦略の主な推進力となっています。 2011年と2012年には、ワールドトラベルアワード(WTA) より「アフリカへ就航する世界で有数の航空会社」を、2009年、2010年、2011年、および2012年には「南米へ就航する世界で有数の航空会社」を受賞しています。また、2011年、2012年、および2013年には、米国のグローバルトラベラー誌より、「ヨーロッパのベスト航空会社」に選ばれ、ユネスコと国際地質科学連合より、「最も革新的で持続可能なプロダクト」部門でIYPE「プラネットアースアワード2010」を受賞し表彰されました。 2010年には、コンデナストトラベラー誌により「ベスト航空会社」に、2011年には専門誌「Marketeer」より、「ベストポルトガル観光企業」に選ばれました。

商業戦略を追求しお客様にいつでもできるだけ最高の旅の選択肢を提供することを目指すTAP ポルトガル航空は近年、ネットワークを大幅に拡張しました。 2014年6月時点で、ヨーロッパ6カ所、南米4カ所の計10カ所を追加しネットワークを強化することで、 38カ国の87カ所の目的地まで網羅しネットワークが発展しています。 それと同時に、計画される成長や新路線の導入を支援するため、長距離用のA330 2機と、中距離用のA319およびA320 4機の計6機の新しい機材を段階的に導入し、本年度中における保有機の強化も発表しました。詳細につきましては、 www.flytap.com をご覧いただき、最新情報をご確認ください。

関連リンク
Find TAP Portugal on