South African Airways

南アフリカ航空 (SAA) は2014年2月1日に設立80周年を迎えました。 世界で最も古い航空会社の1つです。

南アフリカ航空は、世界で技術的に最先端の機材の一つで運航し、独自のかつ評価が高く、品質の高いプロダクトを提供しています。 南アフリカ航空のビジョンは、アフリカで有数で一流クラスの航空会社になることで、 : 南アフリカの国家的発展計画を支援する、商業的持続可能性を達成し維持する、卓越した顧客サービスを提供する、一貫性があり効率が良く、効果的な運営を達成する、そして卓越した業績を促進する、といった5つの目標によって支えられています。 これらの目標は、 顧客重視、説明責任、完全性、安全性、業績における卓越性、従業員の尊重、  といった価値によってさらに支えられています。

アフリカで最も認められている航空会社である南アフリカ航空は、世界40カ所の目的地へ運航しています。 国内市場では、ヨハネスブルクのハブから、ヨハネスブルクとケープタウン、ダーバン、イーストロンドン、ポートエリザベス間に週につき計556便の幅広い定期便を運航しており、ランセリアとケープタウンおよびダーバン間ではコードシェア便を運航しています。 南アフリカ国内で最も頻繁にフライトを提供しています。

地域的には、アビジャン、アクラ、ブランタイア、ブラザビル、コトヌー、ダカール、ダルエスサラーム、ドゥアラ、エンテベ、ハラレ、キンシャサ、ラゴス、リーブルビル、リロングウェ、リビングストン、ルアンダ、ルサカ、マプト、モーリシャス、ナイロビ、ヌドラ、ポワントノワール、ビクトリアフォールズ、およびウィントフックを含む、アフリカ大陸の24カ所の目的地へ運航しています。

南アフリカ航空の国際的なネットワークは、ヨハネスブルクからロンドン(ヒースロー)やフランクフルト、ミュンヘン、ムンバイ、パース、香港、北京、ニューヨーク(JFK)、ワシントン、サンパウロ、およびブエノスアイレスへのデイリー便を運航する11の直行便路線やコードシェア便を通じて、南アフリカから主要大陸のすべてを結んでいます。 南アフリカ航空は、運航する市場にわたり、その他27社の航空会社とコードシェア協定を結んでいます。 低コスト航空会社のマンゴー航空と、南アフリカ(ヨハネスブルクとケープタウン、ダーバン、ポートエリザベス、およびジョージ間)の海岸都市や、ヨハネスブルクとブルームフォンテーン間、ケープタウンとブルームフォンテーン間、ケープタウンとポートエリザベス間を含むコードシェア協定を延長しました。

南アフリカ航空の中核事業は旅客および貨物の輸送サービス、および関連サービスの提供です。 関連サービスは、SAAテクニカル、低コスト航空会社であるマンゴー航空、ケータリングを担当するエアシェフ、南アフリカトラベルセンター (SATC)の4社の全額出資子会社が提供します。

リージョナル部門において「アフリカのベスト航空会社」賞を11年連続で受賞しています。 さらにマンゴー航空と南アフリカ航空は、南アフリカで最も時間に正確な航空会社ラインキングの1位、そして2位のポジションを維持しています。

関連リンク
Find South African Airways on