深セン航空

深セン航空は1992年11月に創立し、1993年9月17日に就航を開始しました。 深セン航空の主要株主であるエアチャイナとShenzhen International Total Logistics (Shenzhen) Co., Ltd.(深國際全程物流(深圳)有限公司)とともに、旅客輸送、貨物輸送、および郵便輸送に重点を置いています。 深セン航空は2012年1月時点で、ボーイング747、737とエアバス320、319の機材による旅客機と貨物機を100機以上所有しています。また、200路線を超える国内線や国際線を運航しています。

深セン航空は、「安全第一、予防重視、そして総合管理」といった指針に従い、科学的かつ効率的な安全管理文化をはぐくんでいます。 また、系統的な防止能力を継続的に強化しており、 責任制度を厳格に遂行しています。 そして、安全チェーンの総合的な信頼性を確保し、すべての乗客の皆様へ安全で信頼できるフライトサービスをご提供できるよう、リスク管理の向上に取り組んでいます。

安全性が会社の方針の要であると同時に、サービスの質を常に向上させることでブランドを確立しています。 乗客の皆様が旅行に出発する際、優れたサービスを提供することを目指した「キングクラブ」や「深センエアガールズ」といったサブブランドの構築に努力も惜しみません。 また、乗客の皆様がより便利で快適な旅行経験を容易にお楽しみいただけるよう、「深セン経由のフライト」や「シティ エクスプレス ライン」といったお買い得商品をますます多く提供しています。

深セン経済特区で成長を遂げているため、深センに深く根付いており、都市の国際的な貿易や文化交流を促進する「空中回廊」を築いています。 深セン航空は独自の開発以外にも、社会的責任に従事しており、感謝とともに地域社会に貢献しています。 そのため、深セン航空は「深センの輝く名刺」として幅広く見なされています。

深セン航空の開発計画によると、将来的に広胴型航空機を導入する計画があり、2015年末までに旅客機数を180機まで拡大する予定です。 また、アジア太平洋地域の競合他社の間で独立したブランドを持った名の知れたナショナルキャリアへと徐々に進歩し、 将来的には、アジアやその他の大陸で路線網を拡大する予定です。

2010年8月には、第26回ユニバーシアード競技大会の唯一の世界的航空パートナーに選ばれました。 深セン航空は、「聖火リレー」などの特別な役割を果たすため、4機の機材を「ユニバ―シアード」を目玉としたデザインへ塗装しました。 こういった機材は、乗客を運ぶだけでなく、すべての乗客の心へユニバーシアードの精神そのものをもたらしています。

当社にはばかる障害は課題となることでしょうが、機会として受け止め、すべての課題をを克服する構えであります。 深セン航空は開発への科学的なアプローチに従って、この分野での先駆者となり、中国が世界的にリードする航空国へと発展する際に役立てれるよう専心するつもりです。

関連リンク
Find Shenzhen Airlines on
関連内容