Siza Mzimela

Siza Mzimela の経歴-南アフリカ航空 CEO

南アフリカ航空 CEO

Siza Mzimela は、1991年に南アフリカスタンダード銀行の中小企業・小規模小売業部署に配属になり、彼女のキャリアがスタートしました。 1994年、Mzimela は、コーポレート プランニング アナリシストとしてトータル サウスアフリカに入社し、投資計画管理の責任者を務めました。

1996年1月に、調査アナリストとして南アフリカ航空へ入社し、経路分析・航空旅客需要予測の責任者を務めました。 その後すぐ、市場開発のマネージャーに昇進し、後にアライアンス シニアマネージャーに就任しました。

アライアンス シニアマネージャーの役割では、中近東・アフリカ地区における主要海外航空会社との高レベルにおける交渉に関わりました。 エミレ-ツ航空、エルアル航空(イスラエル航空)およびガーナ航空との提携は、彼女が調整し管理した多くのプロジェクトの一部です。

2000年の終わりには、アフリカ・中近東地区の地域統括マネージャーに任命されました。 アフリカ地区の地域統括マネージャーとして、地域に最重点を置くことに力を尽くし、その結果は、彼女の在職期間中における南アフリカ航空の実績で明白でした。

2001年11月に、地域および海外での南アフリカ航空の運営を監視するGlobal Passenger Servicesの取締役副社長に任命されました。 南アフリカ航空の営業活動や直販チャンネル、Voyager マイレージプログラム、そしてヨーロッパやアフリカ、アメリカ、北アジア、南アジアの地域統括マネージャーを監視する業務の指揮を取りました。 ポジションの主な重点は、収益創出でした。 2003年の営業年度末には、南アフリカ航空は、過去10年間で初めてとなる営業利益を記録しました。 直販チャンネルへの重点や、さらなる積極的なセールスポイントの管理などの数多くのイニチアチブの追求により、この記録を成し遂げました。

2003年10月1日には、南アフリカエクスプレス航空が望ましくなく、順調ではない財政状態に直面した際、同社のCEOに任命されました。 彼女の支配下で、企業は国内および地域において新たな経路を獲得し、これにより、南アフリカエクスプレス航空は南部アフリカ地域で最も成長力が高いリージョナル航空会社と称されました。 また、南アフリカエクスプレスは、アフリカで最初となる新世代機材を獲得し、迅速に変化する航空業界に応える先進的な考えや視野を発揮しました。 企業は、事実上の破産状態の撲滅に至る彼女のリーダーシップの下、実質成長率を記録しました。 全体的に航空業界や航空会社の事業が困難に直面しているにも関わらず、南アフリカエクスプレスは、収益性を継続し、健全な経営状態を維持しています。

Mzimela は、豊富な実務経験や前向きな姿勢、確固たる交渉能力、ビジネス感覚を持ったリーダーで、多くの分野において力を注ぎました。 個人的な理念や価値観によって、成功を導き、他者に意欲を与え、指導してきました。 これらの実績のみならず、航空業界での15年に渡る経験によって、南アフリカ航空のCEOに任命されました。

Mzimela は結婚しており、2人の子供がいます。

  南アフリカ航空ロゴ
関連リンク
  • Adria Airways
  • Aegean Airlines
  • Air Canada
  • Air China
  • Air New Zealand
  • ANA
  • Asiana Airlines
  • Austrian
  • avianca
  • Brussels Airlines
  • copa Airlines
  • Croatia Airlines
  • EGYPTAIR
  • Ethiopian Airlines
  • EVA Air
  • LOT Polish Airlines
  • Lufthansa
  • Scandinavian Airlines
  • Shenzhen Airlines
  • Singapore Airlines
  • South African Airways
  • SWISS
  • TAP Portugal
  • THAI
  • Turkish Airlines
  • United