Piyasavasti Amranand 氏

タイ国際航空 社長 Piyasavasti Amranand 氏

タイ国際航空 社長 Piyasavasti Amranand 氏

Piyasavasti Amranand 氏は、2009年10月19日、タイ国際航空の社長に任命されました。 タイ国際航空の社長の立場として、Amranand 氏の戦略では、顧客の価値をさらに高いものへと創造し、さらに効率の良いビジネスモデルを設計し、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、財政的持続可能性を確かなものにすることを目指しています。 タイ国際航空の全社員が協力して成功を目指してこそ、こういったすべての目標を達成することができます。 彼の目標は、顧客のニーズに合った顧客指向のサービスに重点を置きながら会社を率いることです。
Amranand 氏は、エネルギー省で、カシコン銀行のCEOの諮問委員会の会長を務めた後、タイ国際航空に加わりました。 また、2006年10月から2008年2月までの期間には、タイのエネルギー相を務め、1990年代においてエネルギー分野で得た経験を築いてきました。

その期間には、タイのエネルギー方針の策定や導入において重要な役割を果たしました。 特に重要な役割として、石油市場や価格の競争導入および規制撤廃、郵便電話電信管理機関や発電事業などのエネルギー関連国営事業の改革や民営化を果たしました。 エネルギー相の在任期間中、石油価格助成金の撤廃、再生可能エネルギー(バイオ燃料を含む)、コージェネレーション、分散発電の促進のための積極的な政策の導入、 Euro 4 燃料品質の導入やガソリンスタンドの蒸気回収システムの導入、エネルギー効率のための数々の基準や奨励プログラムの導入、数々の石油利権賞の受賞、郵便電話電信管理機関要請、ラオスのプロジェクトにおける数多くの買電契約の締結、2020年~21年の核兵器数を4,000MWへの目標を掲げた原子力計画の構築、数多くのエネルギー関連法案の制定など、エネルギー分野において幅広い改革を行いました。

エネルギー相としての在任期間中に成立した最も重要な法律は、電気や天然ガス産業の独立規制機関の設置のためのエネルギー産業法でした。

 
関連リンク
  • Adria Airways
  • Aegean Airlines
  • Air Canada
  • Air China
  • Air New Zealand
  • ANA
  • Asiana Airlines
  • Austrian
  • avianca
  • Brussels Airlines
  • copa Airlines
  • Croatia Airlines
  • EGYPTAIR
  • Ethiopian Airlines
  • EVA Air
  • LOT Polish Airlines
  • Lufthansa
  • Scandinavian Airlines
  • Shenzhen Airlines
  • Singapore Airlines
  • South African Airways
  • SWISS
  • TAP Portugal
  • THAI
  • Turkish Airlines
  • United