Pedro Heilbron 氏

コパ CEO - Pedro Heilbron 氏のプロフィール

コパホールディングスおよびコパ航空 CEO

Pedro Heilbron 氏は、コパホールディングスならびに、ハブ空港であるパナマのパナマシティにあるトキュメン国際空港から、北米、中米、南米、およびカリブ海地域の28カ国59カ所の目的地へ運航するコパ航空のCEOを務めています。

1988年にコパ航空へ入社しました。 Heilbron 氏の指揮の下、コパ航空は、中南米で最も成功を収め効率的な拠点地である「南北アメリカのハブ」を確立しました。また、1998年にHeilbron 氏は、コパ航空とコンチネンタル航空とのパートナーシップや戦略同盟の指揮を執りました。

任期中におけるその他の功績には、2005年4月に実施したコロンビアで第2位の航空会社であるアエロリパブリカの買収や、2005年12月におけるニューヨーク証券取引所でのコパホールディングスの新規株式公開などがあります。

2006年11月には、『Latin Trade Magazine』 誌により、「CEO of the Year (年間最高CEO)」 賞に選ばれました。 2008年7月には、Panamanian Association of Corporate Executives (APEDE) により、「Executive of the Year (年間最高エグゼクティブ)」賞に選ばれました。 APEDE 賞は、職務や社会的責任、私生活の分野で目覚ましい功績を立てた企業幹部に贈られる賞です。2009年7月には、国際的に著名な『Airline Business』 誌により、「Airline Business Lifetime Achievement Award (航空会社事業特別功績賞)」を受賞しました。この賞は、毎年同誌が贈る上位2つの賞のうちの1つです。

Heilbron 氏は以前に、Latin American Airline Association (ALTA) の会長や国際航空運送協会 (IATA) の理事会メンバーを務めていました。

Heilbron 氏は、マサチューセッツ州ウースターのCollege of the Holy Cross(カレッジ・オブ・ホーリー・クロス)を卒業し経済学で学位を取得。また、ワシントンD.C. のジョージ・ワシントン大学で経済学修士号を取得しています。Heilbron 氏 は結婚しており、3人の子供がいます。

  COPA logo
関連リンク
  • Adria Airways
  • Aegean Airlines
  • Air Canada
  • Air China
  • Air New Zealand
  • ANA
  • Asiana Airlines
  • Austrian
  • avianca
  • Brussels Airlines
  • copa Airlines
  • Croatia Airlines
  • EGYPTAIR
  • Ethiopian Airlines
  • EVA Air
  • LOT Polish Airlines
  • Lufthansa
  • Scandinavian Airlines
  • Shenzhen Airlines
  • Singapore Airlines
  • South African Airways
  • SWISS
  • TAP Portugal
  • THAI
  • Turkish Airlines
  • United