Christoph Franz

ルフトハンザ ドイツ航空 会長兼CEO

Dr. Christoph Franz は1960年5月2日、フランクフルトで生まれ、2011年1月付けでルフトハンザ ドイツ航空の会長兼CEO に就任しました。 乗客輸送グループ部門、ロジスティクス部門、MRO(保守、修理、および整備)部門、ケータリング部門、ITサービス部門から成るルフトハンザグループは現在、世界中に116,000名を超える従業員を抱え、Franz 氏はその世界規模を誇るルフトハンザグループの代表を務めています。

Franz 氏はドイツ、フランス、米国で学び、ドイツのダルムシュタット工科大学にて博士号(政治学博士)を取得後、1990年にルフトハンザ ドイツ航空へ入社しました。入社当初は、ドイツ、フランス、トルコでの戦略や販売、管理プロジェクトに携わりました。 大混乱をもらたした湾岸戦争後の1992年から1994年の期間は、当時のCEO Jürgen Weber が率いるチームの一員を務め、ルフトハンザ航空の企業再建策の考案・導入に大きく貢献しました。 ルフトハンザ航空の再建が無事に完了し、1994年には、ドイツ鉄道株式会社に転職し、9年間役員としてのさまざまな役割を果たしました。 その後、同社の旅客輸送部門の役員およびCEO に就任しました。

2004年7月1日、スイス インターナショナル エアラインズ(SWISS)のCEO に就任しました。 2009年6月1日、ルフトハンザ ドイツ航空のCEO 兼役員に就任し、旅客輸送部門事業全体の責任者を務めました。 また、取締役会長兼CEO代理も務めました。

2010年9月22日、ルフトハンザ ドイツ航空の監査役会はChristoph Franz をルフトハンザ ドイツ航空の会長兼CEO に任命しました。

2011年1月に正式に就任し、株式会社法に基づき、任期は2014年5月31日までの予定です。

 
関連リンク
  • Adria Airways
  • Aegean Airlines
  • Air Canada
  • Air China
  • Air New Zealand
  • ANA
  • Asiana Airlines
  • Austrian
  • avianca
  • Brussels Airlines
  • copa Airlines
  • Croatia Airlines
  • EGYPTAIR
  • Ethiopian Airlines
  • EVA Air
  • LOT Polish Airlines
  • Lufthansa
  • Scandinavian Airlines
  • Shenzhen Airlines
  • Singapore Airlines
  • South African Airways
  • SWISS
  • TAP Portugal
  • THAI
  • Turkish Airlines
  • United