Bernard Gustin

Portrait of Bernard Gustin - Chief Executive Officer, Brussels Airlines

ブリュッセル航空 CEO

1991年に、バーナード・ガスティン(Bernard Gustin)はベルギーのI.C.H.E.C.(Institut Catholique des Hautes Etudes Commerciales)で市場技師としての学問を終了後、I.C.H.E.C. とバルチモアのロヨラ・カレッジ・オブ・メアリーランドの国際比較経営部の大学院生になりました。

1994年、ブリュッセルのソルベイ ビジネス スクール(V.U.B.)で経営学修士を取得しました。

1993年にProcter & Gamble でプロとしてのキャリアをスタートさせました。 ベネルクス地区財務会計マネージャーを務めていた1999年にはProcter & Gamble を退社し、Arthur D. Littleに転職しました。

ADLでのキャリアの中で、Arthur D. Little Benelux Management Committee のパートナーとメンバー、そしてTravel and Transport Practice の代表を務めました。

この地位で、サベナの後継となるSN ブリュッセル航空の事業計画を立案し、SN ブリュッセル航空とバージンエクスプレス間の合併で重要な役割を果たしました。

2008年に、ブリュッセル航空のCEOに就任しました。 初年度には、ブリュッセル航空とルフトハンザ グループ間のパートナーシップを結び、ベルギー系航空会社によるグローバルな航空パートナーシップのスターアライアンスへの加盟を果たしました。

2010年11月には、ベルギーの旅行業界により「マン・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞しました。

2012年1月には、欧州エアライン協会 (AEA) は、バーナード・ガスティンをAEAの新会長に指名しました。 長期間にわたる会長としての在任期間中には、欧州経済に860億ユーロを貢献するAEAの加盟航空会社35社の代理人を務めています。 協会の理事会議長であるバーナード氏は、高官レベルの政治的会議ではAEAの代表者を務めています。

2012年6月1日にブリュッセル航空のCEO に就任した後、同社は共同経営責任者の組織構造から脱皮しました。旅行・輸送セクターでのキャリアに加え、バーナード氏はエネルギー・公共事業でも豊富な経験を持っています。 スエズとフランスガス公社間の合併交渉では重要な顧問の役割を果たしました。

バーナード氏は結婚しており、2人の子供がいます。

  Brussels Airlines logo
関連リンク
  • Adria Airways
  • Aegean Airlines
  • Air Canada
  • Air China
  • Air New Zealand
  • ANA
  • Asiana Airlines
  • Austrian
  • avianca
  • Brussels Airlines
  • copa Airlines
  • Croatia Airlines
  • EGYPTAIR
  • Ethiopian Airlines
  • EVA Air
  • LOT Polish Airlines
  • Lufthansa
  • Scandinavian Airlines
  • Shenzhen Airlines
  • Singapore Airlines
  • South African Airways
  • SWISS
  • TAP Portugal
  • THAI
  • Turkish Airlines
  • United