ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザ ドイツ航空は、約400社の子会社と関連会社から成る航空グループです。 ルフトハンザ グループは、クオリティ、技術革新、安全性、および信頼性の向上に力を入れています。

ドイツに本社を構えるルフトハンザ グループは、旅客輸送、ロジスティクス、修理・整備、ケータリング、およびITサービスの5つの事業部門を運営しています。 ルフトハンザ グループの中核事業は、旅客輸送です。 旅客輸送事業に従事する航空会社は、ルフトハンザ ドイツ航空(ルフトハンザリージョナルおよびジャーマンウイングスを含む)、オーストリア航空、およびスイスインターナショナルエアラインズと、ブリュッセル航空、ジェットブルー、およびサンエクスプレスの株式保有です。 2013年度には、ルフトハンザ グループの航空会社は、約1億450万の搭乗者を機内に迎え、ヨーロッパで有数の航空グループとなりました。 フランクフルト、ミュンヘン、ブリュッセル、ウィーン、およびチューリッヒをハブとして運営しているルフトハンザ ドイツ航空、オーストリア航空、ブリュッセル航空、およびスイスインターナショナルエアラインズは、2013年の夏季スケジュールでは、共同で、4大陸の102カ国、285カ所の目的地へ運航しています。ルフトハンザ グループの保有機は現在、620機以上の航空機から成り、さらに260機が発注済みで、2014~2025年までの納機を予定しています。 ルフトハンザ グループの2012年度末の従業員数は約117,000 名でした。 2012年度では、計301億ユーロの収支を計上しました。 詳細につきましては、 www.lufthansagroup.com をご覧ください。

関連リンク
Find Lufthansa on