コパ航空

コパ航空は、パナマの国営航空会社であるCompañía Panameña de Aviación として1947年に設立されました。 1980年には、海外市場に重点を置くために国内市場から撤退し、現在では、旅客事業と貨物事業を展開する中南米で有数の航空会社となりました。

1998年に、コパ航空はコンチネンタル航空と戦略的提携を結び、1999年にコパ航空として新たなブランドを立ち上げるとともに、OnePass® (ワンパス) マイレージプログラムを採用しました。 2005年、コパ・ホールディングス (Copa Holdings S.A.) の子会社であるコパ航空は、ニューヨーク証券取引所で株式の取引を開始し、上場している中南米系航空会社の中で第3位の航空会社となりました。

コパ航空は、ボーイング737NGおよびEmbraer-190機材にて、主に北米、中米、南米、およびカリブ海地域などの目的地へ就航しています。

コパ航空は最近、携帯サイトm.copaair.com を立ち上げ、旅行者が電子搭乗券を利用することができる中南米で最初の航空会社になりました。

関連リンク
Find Copa Airlines on