コパ航空

コパ航空は、1947年に設立されました。パナマのまさに中心地の戦略的なロケーションに建ち「Hub of the Americas®」として知られるトクメン国際空港は、ラテンアメリカにあるハブ空港の中で最も多くの目的地や頻度を提供し、地域で最も効率の良い空港としてその地位を確立しています。

2005年、コパ・ホールディングス S.A. の子会社であるコパ航空は、重要な商業の中心地のニューヨーク証券取引所で株式の取引を開始し、上場しているラテンアメリカ系航空会社の中で第3位の航空会社となりました。 また同年、コパ航空はコロンビアで第2位の航空会社であるアエロリパブリカを買収し、2010年にはアエロリパブリカのブランド名をコパ航空コロンビアに変更しました。

現在では、旅客と貨物サービスを提供するラテンアメリカで有数の運航会社となりました。北米、中米、南米、およびカリブ海地域の30カ国69カ所の目的地へ就航しています。 コパ航空は、 Boeing 737NG Next Generation 64機およびEmbraer-190 26機の90機から成る使用年数が最も浅く、最も近代的な機材の一つで運航しており、引き続き世界最高となる約90パーセントの定時運航率を果たしています。 コパ航空は権威ある組織より、持続する卓越した運営が評価され、2013年には、スカイトラックスより「中米とカリブ海地域のベスト航空会社」や「中米とカリブ海地域のベストスタッフサービス」の2つの賞を受賞しました。 コパ航空のマイレージプログラムであるユナイテッド航空のMileagePlus は、グローバルトラベラー誌により数回、世界のベストマイレージプログラムとして選ばれています。 2010年には、セント・マーチン島への就航を開始し、アエロリパブリカがコパ航空コロンビアのブランド名のもとで運航することを発表しました。 またコパ航空は、スターアライアンス加盟のプロセスを進めているとのことです。 コパ航空は懸命な取り組みや継続的な開発に対し、権威ある組織によって評価されました。 最新としては、2012年にエアライン・ビジネス・ストラテジー・アワードの「リージョナルリーダーシップ」を受賞しました。 詳細につきましては、 www.copa.com をご覧ください。

関連リンク
Find Copa Airlines on