Air India

エア インディアは、世界、そしてインドにおける航空業界において特別な位置を占めています。 インド航空業界の先駆者である同社の歩みは、インドにおける民間航空の歴史そのものです。 エア インディアは、乗客や手荷物、貨物の輸送にとどまらない 多角的な事業展開を行っています。 同社が長年にわたり創り上げてきた航空インフラはその貢献の証です。 エア インディアはすべての保有機材の整備を自社のエンジニアリング施設で行うほか、インドの多くの都市で数多くの航空会社にグランドハンドリングサービスを提供しています。

エア インディアは、アメリカ、ヨーロッパ、カナダ、極東、東南アジアおよび湾岸諸国各地の35ヶ所の目的地にネットワークを展開する巨大国際航空会社へと成長を遂げました。 同社の国内路線は、63ヶ所の目的地に展開しています。 エア インディアは現在、ワイドボディ機のボーイング777型機、747型機、エアバスA330型機、そして最近導入したボーイング787ドリームライナー、ナローボディ機のエアバスA321型機、A320型機、A319型機、ボーイング737型機をはじめとする機材年数が最も若く、最新鋭の保有機材で運航しています。

ご搭乗者の圧倒的なご愛護により、2012年10月には、同社のマイレージプログラム「フライング リターンズ」の会員数が100万人を突破しました。

2012年10月には、トラベル ポート シンガポールにより、最優秀実績航空会社賞を受賞しました。2012年エコノミックタイムス ブランドエクイティサーベイでも、7回連続でインドの航空セクターで最も信頼できるブランドに選ばれています。 さらに2013年には、リーダーズダイジェストによる信頼できるブランドゴールドアワードに8年連続で受賞しています。エア インディアは、2003年にIATA運航安全性監査(IOSA)に合格したインド初の航空会社です。

危機の時期には国家を後援し、インドの伝統や文化を反映し、あるいは振興国インドの強みを示してきました。組織におけるスポーツやスポーツマンの位置づけは高く、 インドのホッケーチームとクリケットチームは、ナショナルキャリアによる恩恵を数多く得ており、インド代表団以外にも数多くの栄冠を勝ち取ってきました。

エア インディアは、環境保護における先駆的取り組みを通じて企業の社会的責任(CSR) に常に専心しています。 環境問題に関する一連の意識向上活動により、2007年には国連環境計画(United Nations Environment Programme、UNEP)により権威あるモントリオール議定書公共意識賞(Montreal Protocol Public Awareness Awards)を受賞しました。

関連リンク
Find Air India on