Adria Airways

アドリア航空は、スロベニアのナショナル・キャリアで、52年以上にも渡り、チャーターと定期便運航を通じて豊富な経験を積み重ねてきました。 アドリア航空の歴史はチャーター便運航会社として設立された1961年に始まります。 80年代には定期便路線の運航を開始し、IATA(国際航空運送協会)のメンバーとなりました。

現在、アドリア航空の事業の大部分が定期便で、アドリア航空のネットワークはリュブリャナとヨーロッパの20都市以上を結んでおり、南東ヨーロッパへ優れた乗継ぎを提供しております。 アドリア航空は、夏季時刻表ではアムステルダム、ブリュッセル、コペンハーゲン、フランクフルト、ロンドン、イスタンブール、マンチェスター、モスクワ、ミュンヘン、パリ、ポドゴリツァ、プラハ、プリシュティナ、サラエボ、スコピエ、ティラナ、ウィーン、チューリッヒ、ワルシャワへ毎週180以上の定期便を運航しています。

大部分は季節チャーター便を運航しており、地中海へ最も頻繁に運航しています。 エジプトのシャルム・エル・シェイクやフルガダは、現在アドリア航空が1年中チャーター便を運航している唯一の目的地です。 アドリア航空の本社所在地はリュブリャナ ヨジェ・プレチュニ空港、支店はブリュッセル、モスクワ、フランクフルト、チューリッヒにあり、販売代理店はヨーロッパのほぼすべての国に存在します。

アドリア航空は現在、11機の航空機でフライトを運航しており、 機材の構成は、Airbus A320 1機、Airbus A319 2機、Canadair Regional Jet CRJ900 6機、Canadair Regional Jet CRJ200 2機です。 ヨーロッパの中では最新鋭の機材の一つであり、環境に優しく経済的です。

2004年8月には、会社の組織や運営手順、フライトの安全性、会社の安全性のレベルを決めるIOSA(IATA 運航安全監査) 登録 (www.iata.org/registry) を取得した最初の航空会社の一つでした。

アドリア航空は、ルフトハンザ ドイツ航空、オーストリア航空、スカンジナビア航空、LOTポーランド航空、ウクライナ国際航空、モンテネグロ航空、ブリュッセル航空、エア・セルビア、アエロフロート ロシア航空、スイス インターナショナル エアラインズとコードシェア協定を結んでいます。

アドリア航空は、おもてなしや親しみやすさ、そしてクオリティの高いサービスといった スロベニアに特有の数多くの特徴を体現しています。 アドリア航空が成長、発展し続ける中で、将来的にも信頼でき成功を収めるヨーロッパのリージョナルキャリアであり続けることを目標としています。 熟練し思いやりのあるスタッフや最新の機材とともに、高水準のサービスや満足感を提供し、乗客の忠誠心を獲得することに専心しています。

関連リンク
Find Adria Airways on