スターアライアンス本社について

スターアライアンスサービス会社は、加盟航空会社を代表してスターアライアンスのネットワークを管理することを目的として、1997年に設立されました。

 

現在、フランクフルト空港にあるスターアライアンスの本社では約60名の社員が働いています。大変国際的な職場であり、チームは20ヵ国以上のスタッフから構成され、多様性と多文化というアライアンスの特徴が実感できます。

スターアライアンスの使命は、「加盟航空会社が合意したプロセスに従い、アライアンスのプロダクトやサービスのポートフォリオを管理すること」です。

私たちの目標は、接続利便性や協調、連携を追及し、アライアンスを一つにまとめ、より快適かつシームレスなフライト体験を加盟航空会社の顧客に提供できるよう、プロダクトとサービスを創出、管理することです。それを実現するためには、空港で加盟航空会社のカウンターをより近い場所に集約したり、よりスムーズな乗り継ぎができるよう乗継チームを雇用したり、加盟航空会社間で施設を共有させたり、フライトのスケジュールを分析し、革新的な技術を導入するなど様々な活動に取り組んでいます。私たちは、地上や機上でのフライト運航の管理を各加盟航空会社に委ねています。